お知らせ

2019/05/01

コラム

「令和」と「平成」の元号にどのような意味があるか姓名学的にお話しします。

名前を通し社会に貢献して90余年東京大森の五聖閣です。

平成の元号にはどのような意味があったか五聖閣としてお話しします。

令和を平成と姓名学的に比較するとどうでしょう?

「令和」は13画で明るく活動的で物事が前に進んで行く数意です。時代の雰囲気が明るくなり景気も上向き、設備投資なども積極的になっていくでしょう。

また「令和」のキーワードは『明智』であり、才智に溢れる意もあり、さまざまな成果の上がる政策が打ち出され、学問などの分野でも新たな動きが出てくるでしょう。積極的に行動することにより世界に対する日本の発信力も強まっていくでしょう。

しかし「平成」のような忍耐強さに欠けるところがあり、感情的になりやすいところもあるので物事が長期的に継続することは難しいかもしれません。スピーディーに物事を実現していく、行動力による成果を期待したいものです。

「平成」が忍耐と持続の時代とするならば、「令和」は活気と行動の時代となるといえるでしょう。皆様で令和をよき時代にしていきましょう。

ページトップへ